一口に入社といっても、大手企業から中小企業、果ては個人経営の会社など就職先は様々です。それに、入社後の職種もいわゆるホワイトカラー系・ブルーカラー系と色々あるでしょう。小さな企業や個人経営の会社では、特別に入社式と呼べるものがないことも多いです。でも、入社式があるような企業の場合は、就職後の職場がブルーカラー系の仕事だとしても、入社式にはそれなりの服装で向かうのが一般常識です。では、具体的にどんな服装かといえば、やはりスーツです。特にブルーカラー系の仕事につく人の場合は、就職活動の際に利用したリクルートスーツで十分ですから、スーツで出席したいものですね。営業職など、入社後の仕事でもスーツを着用するような場合には、入社式を機会に新たなスーツを作っておくのも良いでしょう。いずれにしても何着かのスーツが必要になってきます。しかし、高卒で入社する場合、大学生のような就職活動を行なっていませんから、スーツなど持っていないという人が大半でしょう。その後の仕事でスーツを着ることがないような場合でも、社会人になれば何らかの形でスーツが必要になるケースも出てきます。それに、高卒の場合、2年後には成人式を迎えますので、成人式でも着られるようなスーツを一着作って入社式に望むという方が多く見られます。最近では格安のスーツセットなども販売されていますから、入社式だけならそういうスーツでも十分ですー